新着記事

カテゴリー

【感想】「トゥルーマンショー」の魅力3個。“全員グル”系作品の金字塔

【感想】「トゥルーマンショー」の魅力3個。“全員グル”系作品の金字塔

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

この街は、自分以外の全員が演技をしているのかもしれない・・・。

ジム・キャリー主演の名作映画「トゥルーマンショー」を鑑賞しました。

今回で2度目の鑑賞ですが、本当に名作ですね。

こちらの記事もオススメ!
※関連記事は最後にまとめて紹介します

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年1998年
原題The Truman Show
上映時間103分
製作国アメリカ
監督ピーター・ウィアー
脚本アンドリュー・ニコル
ジャンル ドラマ,ヒューマンドラマ
主要キャスト ジム・キャリー
ローラ・リニー
ノア・エメリッヒ
ナターシャ・マケルホーン
配信サイト・媒体 市販DVD
Amazonプライム…他
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

ある男の生涯が、テレビの人気連続ドラマとして24時間ノンストップ生中継されていた……という異色作。

引用:トゥルーマン・ショー : 作品情報 – 映画.com

魅力

①改めて鑑賞したら、「ジム・キャリー」の「笑顔なんだけど目が笑ってない感じ」が素晴らしすぎて、トゥルーマン役はジム・キャリーにしか出来ないんだと痛感

②徐々に殻を破っていく展開が熱い

③メインテーマ(曲)も凄く良い。繰り返し見たくなる要因の一つ。

【ネタバレ無し】感想

【ネタバレ無し】感想
ぱっかん
一言コメント:「自分以外の全員がグルだったら・・・」という状況の気持ち悪さが素晴らしい!

「トゥルーマン(ジム・キャリー)」以外は全て俳優で、トゥルーマンだけがそれを知らないという状況ですが、結構序盤から「もしかして自分以外偽物なんじゃ・・・」と気付きます。

こういう展開は割とサスペンスモノで見かけますが、それらと違うのは、本作が「テレビ番組」だという事。
終始明るい雰囲気が続きます。

しかしその中にある気持ち悪さがしっかりと描かれており、とにかくキャストの「作り笑顔」の感じが凄く良い。

誰もが一度は考える「自分以外が全員グル」の具現化

 

本作にはたぶん「自分の殻を破っていこうぜ」という社会的なメッセージも含まれていると思いますが、娯楽作品として観た場合、よくある「自分以外が全員グル」という状況設定がヒットしたんではと思います。(たぶんインナーチャイルド)

人は群れを好む習性があり、疎外感を感じると、時折「自分以外が全員グルなのでは?」と考えたりします。

以前「自分が凄く特別扱いされてる気がする」という今思えばヤバめの記事を書きましたが、これも「トゥルーマンショー」の状況とちょっと似てるような気がします。

また、「この村の住人はなんかおかしい」とか、「自分以外の全員が組んでるかも?」みたいなサスペンス・ミステリー作品は多いですが、これらは時折「主人公の妄想」としてオチる場合があります。

やっぱり妄想オチはつまらないですが、本作は最初から「周りは全員グル(妄想オチはあり得ない)」だと明示されているので、その安心感もあって最高に面白いのかもしれません。

一般評価は「3.7」

誰もが認める名作映画ですね。

メインテーマも美しいので、是非聞いてみてください↓

個人的に好きなシーン

※以下、ネタバレを含む場合があります

トゥルーマンが世界の違和感に気付いて、職場の回転扉をわざと何周もするシーン

この時のカメラワークと、周りを怪しむトゥルーマンの表情が最高。
また、その直後の「いつもと違う行動を取るトゥルーマン」を引きのショットで、ドキュメンタリータッチで映すところも好き。

“外側”にぶち当たり、壁をぶち続けるトゥルーマン

終盤のシーン。
今までの立ち振る舞いから、トゥルーマンは「この世界は作り物」だと確信していると思いますが、本当に「壁」を目の当たりにした瞬間、トゥルーマンは泣きながら壁をぶち続けます。

 

この時、カメラはトゥルーマンの表情ではなく、後姿を映している。

このシーンは何度見ても泣けます。

【感想】「トゥルーマンショー」の魅力3個。“全員グル”系作品の金字塔:評価・まとめ

85点
良作です。マジで。

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
トゥルーマンショー
総合評価
41star1star1star1stargray
作品タイトル
トゥルーマンショー
作品内容
自分の人生がもし作り物だったら・・・。主人公の「トゥルーマン」は、自分以外の全住人がやけによそよそしい事に気付き、ある行動を起こすことにした。
作品公開日
1998-01-04



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)