新着記事

カテゴリー

【感想】「ハードコア」の魅力3個。FPS視点の超アクション映画

【感想】「ハードコア」の魅力3個。FPS視点の超アクション映画

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

全編一人称視点のアクション映画「ハードコア」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2015年(日本公開2016)
原題Hardcore Henry
上映時間96分
製作国ロシア・アメリカ合作
監督イリヤ・ナイシュラー
脚本イリヤ・ナイシュラー
ジャンル アクション,スプラッター,POV,サスペンス
主要キャスト アンドレイ・デミエンティエフ(ヘンリー)
シャルト・コプリー(ジミー)
ヘイリー・ベネット(エステル)
ダニーラ・コズロフスキー(エイカン)
ティム・ロス(ヘンリー父)
ダーシャ・チャルーシャ
スベトラーナ・ウスティノバ
配信サイト・媒体 市販DVD
Netflix…他
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

サイボーグ化された男性が愛する妻を救うべく壮絶な戦いに身を投じる姿を、主人公の一人称視点のみで描いた新感覚アクション。

引用:ハードコア : 作品情報 – 映画.com

魅力

①斬新な「全編一人称視点」での激しいアクション

②王道だけど意外と魅力的なストーリー

③ゲームのようなギミック、展開の連続

【ネタバレ無し】感想

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:投げナイフ
投げナイフ

「全編FPS視点」というユニークな作品ですが、かなり丁寧に作られていて凄い分かりやすいと感じました。

本作は、休憩シーンやひと段落シーンのようなものがほとんどなくほぼ全てアクションシーンです。
それでいて、ところどころにシュールな演出やおとぼけをちりばめている為「アクション疲れ」を起こすことなく最後まで楽しめます。

また、「ゲームのギミック」みたいな要素も取り入れており、「なんかこのシーンゲームで観た事ある!」とテンションが上がることもありました。

僕はFPSゲームが大好きで良くプレイするのですが、本作は特に「ミラーズエッジ」に非常に良く似ていると思いました。

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:「ミラーズエッジ カタリスト」のプレイシーンイメージ
「ミラーズエッジ カタリスト」のプレイシーンイメージ

一人称視点のゲームはたいてい「シューティング」が主となります。
FPSがそもそも「First person shooting」の略で、最後に「Shooting」と付く事からも分かる通り、シューティングがメインです。

しかしミラーズエッジは一人称視点でありながら、「パルクール」をメインとしたアクションゲームです。

 

なので正確には「FPS」では無く「FPA(Action)」なのですが、FPAという言葉があまり普及してない為、一人称視点のゲームを総称してFPSと呼ばれることがほとんどです。

本作「ハードコア」もパルクールシーンがそこかしこに存在し、それが非常にミラーズエッジっぽいと感じました。

他に「Call of Duty(コール・オブ・デューティー)」シリーズや、「House of the Dead(ハウス・オブ・ザ・デッド)」シリーズなどの匂いも感じられたため、もしかしたら意識してオマージュを残しているのかもしれません。

画面揺れが激しいので大画面で鑑賞したら酔うかもしれませんが、PCモニターで見る分にはちょうど良い作品でした。

FPSをプレイすることで得られる、日常生活で役立つ4つのメリット | やるゲーブログ
Call Of Dutyで一番面白いのは「Modern Warfare(2007)」シリーズ | やるゲーブログ
【シージの魅力】僕がRainbow six siegeにドハマりする12の理由 | やるゲーブログ

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

ラストが本当にゲームっぽい

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:最後の最後、アドレナリンをぶっさすヘンリー
最後の最後、アドレナリンをぶっさすヘンリー

自分と同じ「サイバー兵士」の軍団を相手にするヘンリー。
戦争もいよいよ終盤となった時、爆発によりたまたま飛んできたアドレナリンを自分にぶっ指します。

これによりヘンリーは更に強化され、初めてラスボスと対等に戦えるようになりました。

ラスボスは、念力を使い自由自在に物を操る能力の持ち主「エイカン」

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:ラスボス「エイカン」
ラスボス「エイカン」
 

アドレナリンの興奮作用により主人公のヘンリーはようやくエイカンを追い詰めますが、エイカンは周りに散らばった大量の死体を浮かせ、ヘンリーにぶつけてきます。

しかしヘンリーは、それを逆手に取り宙に浮いた死体を登ってエイカンに殴り掛かります。

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:念力で死体を投げ飛ばしてくる
念力で死体を投げ飛ばしてくる
【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:宙に浮いた死体を足場にしてジャンプして行く
宙に浮いた死体を足場にしてジャンプして行く

マジでゲームっぽい

どの攻撃もノーダメのラスボス。
だけど特定の攻撃を発動する際に隙が生まれ、そこを突くとダメージを与えられる。
その攻撃の発動パターンを覚え、何度か繰り返せば攻略できる。

そんな一連の流れを想起させるクライマックスでした。

また、「屋上」というロケーションや「敵が不思議な能力を使う」というところで、「ハウス・オブ・ザ・デッド」というアーケードゾンビゲームを思い出しました。

本作には、他にも至る所にゲームっぽいシーンが散りばめられています。

良い点:素晴らしいアイディアの数々

 

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:良い点:素晴らしいアイディアの数々

「一人称視点」という特徴を活かしきった作品だと思います。

現実でもヘルメットにカメラを装着し高層ビルによじ登る連中がいますが、一人称視点でのよじ登りシーンはとても迫力があり、「アホなことやってるな・・・」と思いながらもつい見てしまいます。

本作にはマンションへのよじ登りシーンもあれば、主人公と同じサイボーグとの追いかけっこも存在します。
そしてその追いかけっこも、普通の階段があってもあえて壁超えをするなどしてスピード感を演出しています。

銃撃戦シーンもそうですね。
階段での戦闘中、味方のジミーが「音は聞こえるけど姿が見えない場合は・・・?」と言い、主人公は何も言わず手りゅう弾を階下に投げ込みます。

まるでゲームのチュートリアルです。

他にも、高いところから落とされるシーンや、「ステンバーイ・・・(後述)」のシーンもあり非常にいろんなアイディアが詰まっています。

どうやって撮影したのか、舞台裏が気になります。

「Call of Duty4 Modern warfare」っぽいシーンがある

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:ギリースーツを来たジミーと共闘する主人公
ギリースーツを来たジミーと共闘する主人公
 

中盤で、ギリースーツを来たジミーと合流し、そしてそのまま「チェルノブイリ」にあるような廃墟の建物に入り込みます。

もうこの時点で明らかにコールオブデューティー(以下COD)のあのミッションです。

CODのチェルノブイリミッションでは、主人公とその上官の二人であるテロ組織の重役を暗殺します。

主人公達は二人ともギリースーツを来て隠れている為、基本的には隠密行動で敵を減らしていきます。

二人以上の敵が前方に現れた時、生き残った方が応援を呼ばないように、二人で同時に仕留めなければいけません。
だからスナイパースコープで敵を捕らえても、上官の合図が無いと発砲できません。

【80点】FPS視点の超アクション映画「ハードコア」評価と感想:スコープで敵を捉える
スコープで敵を捉える

ステンバーイ・・・
ステンバーイ・・・
ゴッ!

評価・まとめ

80点

90分と短い中に大量の爽快アクションシーンがあり、かなり満足度の高い作品でした。
B級ながらかなりおすすめです。

FPSをプレイすることで得られる、日常生活で役立つ4つのメリット | やるゲーブログ
Call Of Dutyで一番面白いのは「Modern Warfare(2007)」シリーズ | やるゲーブログ
【シージの魅力】僕がRainbow six siegeにドハマりする12の理由 | やるゲーブログ

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
ハードコア
総合評価
41star1star1star1stargray
作品タイトル
ハードコア
作品内容
サイボーグ化された男性が愛する妻を救うべく壮絶な戦いに身を投じる姿を、主人公の一人称視点のみで描いた新感覚アクション。
作品公開日
2017-04-01



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)