新着記事

カテゴリー

【Netflix・映画感想】「モーグリ ジャングルの伝説」の魅力3個。狼に育てられた少年

【Netflix・映画感想】「モーグリ ジャングルの伝説」の魅力3個。狼に育てられた少年

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

Netflixオリジナル映画「モーグリ ジャングルの伝説」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は記事の最後でまとめて紹介します

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2018年
原題Mowgli: Legend of the Jungle
上映時間104分
製作国イギリス・アメリカ合衆国合作
監督 アンディ・サーキス
脚本キャリー・クローヴス(原作:ラドヤード・キップリング
『ジャングル・ブック』)
ジャンル ファミリー,ファンタジー
主要キャスト モーグリ(ローハン・チャンド)
ジョン・ロックウッド(マシュー・リス)
メシュア(フリーダ・ピントー)
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

インドのジャングルでオオカミの群れに育てられた人間の子供モーグリ(ローハン・チャンド)は、クマのバルー(アンディ・サーキス)や黒ヒョウのバギーラ(クリスチャン・ベール)のもとでジャングルの厳しいルールを学んでいくにつれ、周りの動物からもジャングルの一員として受け入れられていく。そんな中、それを認めない獰猛なトラのシア・カーン(ベネディクト・カンバーバッチ)が現れ、モーグリはジャングルのさらなる危険にも直面する。

引用:モーグリ: ジャングルの伝説 – Wikipedia

魅力

①王道故に熱くなる展開の連続

②狼たちのモフモフ具合が可愛い

③日本語吹き替えがガッチリハマってる。そしてイケメンボイスが多い

【ネタバレ無し】感想

ゾウに助けられるモーグリ

ストーリーは、「ザ・狼に育てられた少年」です。
ジャングルで孤児となった赤子「モーグリ」を、たまたま狼夫婦が育てる。
そしてそのまま狼の群れの一員となり成長するモーグリでしたが、群れの天敵である「シア・カーン(虎)」に常に命を狙われ続けます。

王道的で分かりやすいストーリーなので「子供向け」かと思いきや、残酷で胸が熱くなる描写も多く、観ていてうるっと来てしまいました。

やっぱり僕は、いかにもな「お涙頂戴」系のストーリーより、こういう這いあがる系の作品の方が涙腺を刺激されます。

100分近い作品ですが、短すぎず、そして退屈せずに最後まで鑑賞できました。

日本語吹き替え声優も良い感じにハマってました。
特に「バルー(熊)」「バギーラ(ヒョウ)」の声が良かった。

良い点:狼たちがモッフモフ

毛皮の再現度が高くて癒される
毛皮の再現度が高くて癒される

やっぱり最近の映画はVFXがキレイで心地良い。
「柴犬がこの世で一番好き」な僕には、狼たちのモフモフが可愛すぎて癒されます。

 

モーグリが「お前らモフモフやな」とか言って、自分を育ててくれた狼たちをしきりにモフモフしまくるシーンでもあれば良かったんですが、そんなワンシーンがあればさすがに脚本がぶっ飛びますね。

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 
ネタバレという程でも無いですが、やっぱり終盤の「狼との共闘」は心に響くものがありました。
モーグリは、あれだけ仲が良かった「ブート(アルビノで虚弱体質のオオカミ)」と喧嘩別れをし、そのまま人間界に降りました。

そして人間として自分を育ててくれた「ウッドロック」が実は剥製愛好家で、既にブートを剥製にしていたことを知ります。

いつも優しかったブート
いつも優しかったブート

モーグリはこれをきっかけに狼の世界に戻り、共にシア・カーンと戦う覚悟をします。(ついでにウッドロックも痛めつけます)

ブートは死亡フラグビンビンでしたが、「弱者の死」にはやっぱり心を打たれますね。

本作は間違いなく良作でしたが、ラスボス「シア・カーン」がそんなに強くなかった気がして、そこだけ少し気になりました。

余談:本当は2016年公開予定だった?

2016年に公開されたディズニー映画「ジャングルブック」と同じ原作の映画で、どうやら製作も同時期だった様子。
にもかかわらず本作が2018年公開(配信)となったのは、やはり大人の事情だと思われます。

しかもワーナーブラザーズ製作なのにNetflixが配給権を買い取ったことから、やっぱりディズニーとぶつかったせいで興行収入が期待できなかったのかも。

評価・まとめ

 

75点

お勧め度:中 ~ 高

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
モーグリ ジャングルの伝説
総合評価
31star1star1stargraygray
作品タイトル
モーグリ ジャングルの伝説
作品内容
ラドヤード・キプリングの名作小説「ジャングル・ブック」を、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム役などで知られる俳優アンディ・サーキスのメガホンで映画化したファンタジーアドベンチャー。
作品公開日
2018



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)