新着記事

カテゴリー

【感想】「トレインスポッティング2(T2)」の魅力3個。ヤク中キッズの20年後

【感想】「トレインスポッティング2(T2)」の魅力3個。ヤク中キッズの20年後

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 4 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

90年代を代表する映画「トレインスポッティング」の続編「T2 トレインスポッティング2」今更ながら観ました。

今回はネタバレ無しで記事を書けそうなので、観鑑賞者の方でもある程度問題なく見れる感じで感想を書きます。

※万が一ということもあるので、ネタバレに敏感な方はお気を付けください。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

予告編(トレイラー)

※日本語字幕無し

作品情報

公開年2017年
原題T2 Trainspotting
上映時間117分
製作国イギリス
監督ダニー・ボイル
脚本ジョン・ホッジ(原作:アーヴィン・ウェルシュ)
ジャンル ヒューマンドラマ
主要キャスト ユアン・マクレガー(レントン)
ユエン・ブレムナー(スパッド)
ジョニー・リー・ミラー(サイモン/シック・ボーイ)
ロバート・カーライル(ベグビー)
ケリー・マクドナルド(ダイアン)
アンジェラ・ネディヤルコーバ(ベロニカ)
アービン・ウェルシュ(マイキー)
配信サイト・媒体 市販DVD
Netflix…他
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

かつて仲間たちを裏切って大金を持ち逃げしたマーク・レントンが、20年ぶりにオランダからスコットランドに戻ってくる。そこでは、パブを経営しながら売春や恐喝で荒稼ぎするシック・ボーイや家族に愛想を尽かされたスパッド、刑務所に服役中のベグビーら、当時の仲間たちが未だに悲惨な人生を送り続けていた。

引用:T2 トレインスポッティング : 作品情報 – 映画.com

魅力

①演出、カメラワークから「ダニーボイルの映画観てるんだな」感がしっかり伝わる

②メランコリックな気持ちになれるシーンが多い

③相変わらず音楽が良い

【ネタバレ無し】感想

【80点】あの“演出”が帰ってきた!「トレインスポッティング2(T2)」評価と感想:レントンとスパッド

僕が「ダニーボイル監督作品が好きで仕方ない」という事は、こちらの「SUNSHINE2057」の記事の熱量で伝わると思いますが、「T2」はもう演出のエグさが正にダニーボイルのソレでした。

昔から「未来を先取りし過ぎた演出」に定評のあるダニーですが、トレスポ2で改めていつものカメラワーク、演出を目にすると、「そうそうこれこれ」と思わせる懐かしさを感じるまでになりました。

特に「接写映像」が多く、その辺のヒリつきが極上

ストーリーとしては、何かが進んだり変化したりするわけでは無く、良くも悪くも「前作ファンへのファンサービス」という印象。
もちろんその方向性で大正解だったと思ってます。

あとなんか、本作を見ていると「28日後」が思い出されます。
「28日後」もダニーの代表作ですが、カット割りや「メランコリックシーン」の演出、色味が全く一緒

【80点】あの“演出”が帰ってきた!「トレインスポッティング2(T2)」評価と感想:回想シーン
回想シーン

「メランコリックシーンなんてどの作品も一緒でしょ」という話なんですが、いわゆる「セピアのフィルター」をかけただけではなく、本当に独特な色味とザラ付いた質感で、「ダニー特有のメランコリック」を演出しています。

 

そして僕が昔から思い描いている「懐かしさを具現化したらたぶんこうなる」というイメージと「ダニーのメランコリック」ががっつりフィットしているので、ヨダレが出そうなくらいハマってしまいました。

あまりの演出の濃さ、クドさに見終えたらめっちゃ疲れますが、その疲労感すら心地良い。

あえて多用するシュールなカメラワーク

【80点】あの“演出”が帰ってきた!「トレインスポッティング2(T2)」評価と感想:サイモン(ジョニー・リー・ミラー)
サイモン(ジョニー・リー・ミラー)

上記画像は確か、サイモンが主人公のレントン(ユアン・マクレガー)と会話してるシーンです。
何気ないシーンですが、こういうところでも「ダニーらしさ」が光ってます。

人と空間を映す時、たいてい「被写体の目線」に空間を持ってきます
しかし上記のシーンは、サイモンの目線と反対側に空間がある為、少しシュールで落ち着かない印象を受けます。

こういう小さなシュールを連続することで、トレインスポッティングは奇抜で不思議なブランドに仕上がっているように思います。

「脳内イメージ」の具現化

【80点】あの“演出”が帰ってきた!「トレインスポッティング2(T2)」評価と感想:スパッドを受け止めるレントン
スパッドを受け止めるレントン

「脳内イメージ」がしっかりと映像化されています。
ダニーの作品はそれ系の演出が多用されますが、恐らく「T2」が過去作で一番「脳内イメージ」が挿入されたのではないでしょうか。

最序盤の「自殺するスパッドを受け止めるシーン」など、とても分かりやすくグッと来る例えをしっかり突っ込んできます。

こういう例えは、きっとハズしたら一気にダサくなり白けそうなもんですが、ダニーは「どうしたらダサくならないか」の心得た鬼才です。
安心して「例え演出」を堪能できます。

成熟した4人のおっさん達

【80点】あの“演出”が帰ってきた!「トレインスポッティング2(T2)」評価と感想:成熟した4人のおっさん達

レントン、スパッド、サイモン、ベグビーの4人は思い思いの20年を過ごし、そしておっさんになりました。
序盤では彼らが一人ずつ登場しますが、そのシーンだけでなんか満足感があります。

そんな彼らの変化具合を思う存分楽しめます。

彼らの変化具合を詳細に話すとネタバレになるので伏せますが、ありがたい事に彼らは20年前のキャラ設定をしっかりと継承しています。
現実であれば、20年前の旧友に会うとたいてい性格がガラっと変わってたりしますが、彼らのキャラクターは、トレスポファンをしっかり納得させてくれるはず。

評価・まとめ

80点

本作に参加したキャストや製作クルーについて調べると、みんなあんまり積極的に仕事をしてないようで、少し不安になりましたw
ダニー監督もあまり量産するタイプじゃないようで、今のところT2より新作はありません。

 

28週後」の続編とかあれば嬉しいですね。

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
トレインスポッティング2(T2)
総合評価
41star1star1star1stargray
作品タイトル
トレインスポッティング2(T2)
作品内容
1990年代ポップカルチャーを象徴する作品として知られる96年製作のイギリス映画「トレインスポッティング」の20年ぶりとなる続編。
作品公開日
2017-04-20



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)