新着記事

カテゴリー

【Netflix】11分のドキュメンタリー「ザイオン」下半身が無いレスリング選手

【Netflix】11分のドキュメンタリー「ザイオン」下半身が無いレスリング選手

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 2 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

Netflixオリジナルドキュメンタリー作品「ザイオン」を鑑賞しました。
11分と短い作品です。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

※当記事は
「ザイオン 感想」
「ザイオン レスリング」
「ザイオン ネットフリックス」
などのワードで検索される方におすすめです。

予告編(トレイラー)

トレイラーは英語版しか用意されていませんが、本編は日本語吹き替えまで用意されています。

作品情報

公開年2018年
原題Zion
上映時間11分
製作国アメリカ
監督フロイド・ラス
ジャンル ドキュメンタリー、海外、スポーツ、心に響く
主要キャスト ザイオン・クラーク
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ

生まれたときから下肢を持たず、長い間里親の家を転々として育ったザイオン・クラークは、レスリング競技に活路を見出し、日々練習に励む。短編ドキュメンタリー。

引用:Netflix

「ザイオン」が背負うハンディキャップ

生まれつき下半身が無く、両手をしっかりと地に付け力強く歩くザイオン。

彼は「足が無い」というハンディキャップを、そもそもハンディキャップとして捉えていませんでした。

作中で彼は「僕は低い姿勢になれていて、義足を付けることが好きじゃなかったんだ。立ち上がると何でもできる。出来ないはずのことがね。そこに腹が立った。僕は僕らしくいたかった。」と言っています。

彼は非常に力強い生き方をしています。

11分の中に詰め込まれた「興奮」

 

本作を見終えると、一本の長編映画を見終えた時と同じ満足感が得られました。

本作は、日本で良く作られるような「福祉関係のドキュメンタリー」ではありません。
恐らく本作の目的は、「募金集め」等ではなく、「ザイオンの生きざま・魅力」をちゃんと伝えることだと思います。

ガチムチで筋肉質のザイオンを、可能な限りカッコよく、映画のように映しています。

色彩を抑えたシックな映像。
静かだけど興奮を誘う音楽。

そして、ピッタリとハマっている吹き替え版の声優。

本作は映像コンテンツとして、「人を惹きつけるモノ」をしっかりと詰め込んでいます。

評価・まとめ

こんな事を言うとあれですが、映像コンテンツとして十分に面白い作品でした。

作品としての「ザイオン」は恐らく相当なマイナーコンテンツですが、ネットフリックスに契約している方なら、一度見てみてください。



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)