新着記事

カテゴリー

【55点】透明になる奇病の苦悩「アンシーン」評価と感想

【55点】透明になる奇病の苦悩「アンシーン」評価と感想

本日のおすすめ記事

【65点】飛行機事故の真実を突き止める「パッセンジャーズ」評価と感想

飛行機墜落事故の生き残りの証言と、航空会社の言い分の食い違い。 これは本当に事故だったのか?2008年公開のサスペンス映画「パッセ...

この記事はたぶん 4 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

透明になるという遺伝的病気に苦しむ男の苦悩を描いた「アンシーン 見えざる者」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

※当記事は
「アンシーン 評価」
「アンシーン 感想」
「アンシーン 映画」
などのワードで検索される方におすすめです。

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2016年
原題The Unseen
上映時間104分
製作国カナダ
監督ジェフ・リドナップ
脚本ジェフ・リドナップ
ジャンル サスペンス
主要キャスト エイデン・ヤング
カミール・サリバン
ジュリア・セーラ・ストーン
カミール・サリヴァン
ベン・コットン
マックス・チャドバーン
アリソン・アラヤ
マクスウェル・ヘインズ
カート・オストルンド
配信サイト・媒体 市販DVD
Netflix…他
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

数年前に突如として家族のもとを去ったボブは、一人娘エバとの絆を取り戻すべく北部の町に帰ってくるが、エバは行方不明になっていた。自分の身体が徐々に透明になっていく奇病を抱えるボブは、危険も顧みず必死でエバの捜索を続ける。やがてボブは、ある驚きの真実にたどり着く。

引用:アンシーン 見えざる者 : 作品情報 – 映画.co

良い点

・カナダの雪景色が非常に美しい

・エイデン・ヤング演じる主人公の「ボブ」のダメ親父感が最高

・洋画特有の「バー」とかの退廃的なシーンのカッコよさが最高級

・最後にちょっとしたどんでん返しがあって気持ち良い

悪い点

・「透明人間」としての活躍が描かれるタイプの映画じゃなかった

・「インビジブル」的な作品を期待していたのに「人間ドラマ」程度で終わってしまいガッカリ(事前リサーチ不足)

・全体を通して薄っすら退屈だった

・「透明という奇病の発症に伴い具合も悪くなる」という設定らしく、ボブが終始具合悪そうっだったのが観ていてきつかった

【ネタバレ無し】感想

「アンシーン」評価と感想:久しぶりに再会したボブと元妻
久しぶりに再会したボブと元妻

「透明人間」を病気として扱った作品。
まず言っておきたいのですが、「インビジブル」のように「透明」というギミックを使ったアクションシーンは一切ありません
それどころか、全身透明になるシーンはほぼありません。

本作はもはや「ヒューマンドラマ」と言っていいくらい人間模様の濃い作品で、特に父(ボブ)と娘(エバ)の関係を重要視しているようです。

突っ込みどころ自体はそんなに無い良作でしたが、取り立てて魅力的な点もあんまり無かった。

良い点:エイデン・ヤング演じる主人公の「ボブ」のダメ親父感が最高

「アンシーン」評価と感想:エイデン・ヤング演じる「ボブ」
エイデン・ヤング演じる「ボブ」

本作で初めて知った役者さんでしたが、エイデンが非常にかっこいい。
ニット帽が似合う。

映画の冒頭。作業を着たボブがケダルそうに製材所で働くのですが、そのシーンが味わい深すぎてめっちゃ好き。
仕事終わりに眠そうにTV見ながらタバコ吸ってるシーンも最高。

なんとなくワンピースの「サンジ」的な何かを感じる。

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

「透明人間」が「遺伝的奇病」という設定だった

「アンシーン」評価と感想:物語終盤のボブ
物語終盤のボブ

主人公のボブは、父親の代から受け継いでいる「透明」という奇病を患っています。
そしてそれは娘のエバにも継承され、エバも体の一部が見えなくなっています。

エバはまだ初期段階のようですが、ボブはもう末期らしく、最終的には体が見えなくなります。

 

ただ、それ以上に「具合が悪い」という設定の方が力強く、ここがちょっと見ていてクドかった。

人がきつそうなのは観ているだけで辛い。
僕はきっと、介護、看護系の仕事には絶対向かないタイプ。

しかし「具合が悪そう」×「エイデンのケダルイ演技」の相性は抜群だったので、そこは本作の魅力のひとつ。

良い点:意外なドンデン返し

エイデンの父親は死んだという設定でしたが、実は生きていたと最後の最後で判明しました。

エバが仲間と精神病院に肝試しに行った際、仲間が「布をまとったホームレスっぽい人」を一瞬見ますが、どうやらそれが完全に透明になった「祖父(ボブから見ると父)」だったようです。

ボブが精神病院に強制入院させられた時も、助けてくれたのは父親でした。

このように、きれいな伏線を残しつつそれを回収する形でどんでん返しを放り込んでくれたので、これは非常に好感が持てました

評価・まとめ

 

55点

中盤眠くなったけど、忘れた頃に絶妙な伏線回収があったので5点追加しました。

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
アンシーン 見えざる者
総合評価
31star1star1stargraygray
作品タイトル
アンシーン 見えざる者
作品内容
透明人間化する奇病に冒された男が行方不明の娘を探して奔走する姿を描いたカナダ製SFスリラー。
作品公開日
2017-08-01



本日のおすすめ記事

【65点】飛行機事故の真実を突き止める「パッセンジャーズ」評価と感想

飛行機墜落事故の生き残りの証言と、航空会社の言い分の食い違い。 これは本当に事故だったのか?2008年公開のサスペンス映画「パッセ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

他に運営してるメディア
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)