新着記事

カテゴリー

【感想】「ジオストーム」の魅力3個。人工の天変地異で大惨事…

【感想】「ジオストーム」の魅力3個。人工の天変地異で大惨事…

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 4 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

地球災害を制御する人工衛星が暴走する映画「ジオストーム」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

予告編(トレイラー)

東京の異常気象シーン

作品情報

公開年2017年
原題Geostorm
上映時間109分
製作国アメリカ
監督ディーン・デブリン
脚本 ディーン・デヴリン、ポール・ギヨー
ジャンル SF、スペクタクル、パニック
主要キャスト ジェラルド・バトラー(ジェイク・ローソン)
ジム・スタージェス(マックス・ローソン)
アビー・コーニッシュ(サラ・ウィルソン)
アレクサンドラ・マリア・ララ
ダニエル・ウー
配信サイト・媒体 市販DVD
Netflix…他
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

地球の気候をコントロールすることを可能にした人工衛星が暴走し、世界中が異常気象や大災害に見舞われるなかで、未曾有の危機に立ち向かう人々の姿を描いたディザスターパニックアクション大作。

引用:ジオストーム : 作品情報 – 映画.com

魅力

①世界規模の災害を、ちゃんとA級クオリティで視覚化

②「ジェラルド・バトラー」とエンジニア役の相性がもう完璧過ぎる

③突き抜けた娯楽作品なので結構肩の力抜いて楽しめる

【ネタバレ無し】感想

「ジオストーム」感想:急に凍結したであろう街で凍ってる人
急に凍結したであろう街で凍ってる人

見終えた後の満足度が高い作品でした。

そりゃもう大量の災害イベントが思う存分視覚化され、それでいて宇宙の映像も美しいのですから、その手の映像に興奮する僕にとってはめちゃくちゃ気持ち良い映画でした。

映像のテンション、惨殺シーンの見せ方などはなんとなく「デイ・アフター・トゥモロー(2004)」を思い出させます。
似ている点は、とにかく人の死に方が軽いとこ。

大量に人が死ぬとリアリティが無くなって軽く見える、というところがもしかしたらリアルなのかもしれません。

そして全体的なサスペンス要素は「2012(2009)」を想起させます。

 

「2012」「デイ・アフター・トゥモロー」の両者とも「ローランド・エメリッヒ」監督作です。

一般レビューの中にあったのですが、本作の監督である「ディーン・デブリン」はエメリッヒとも仕事をしたことがあるらしく、エメリッヒの作品スタンスを少し継承しているのかもしれませんね。

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

良い点:とにかく視覚効果が良い

「ジオストーム」感想:津波に飲み込まれる街
津波に飲み込まれる街

アルマゲドン、ザ・コア、デイアフタートゥモローなどなど。
「世界中で異常気象が発生している」系の作品は、とにかくその現象の映像化がキモです。

本作は全体的なノリがB級ビデオリリース作品のそれでしたが、視覚効果には大量の予算がつぎ込まれているようです。

それでいて本作に登場する災害は全て「ダッチボーイ」という人工衛星が原因なので、現実ではありえないような極端な気候の変化も違和感なく登場します。

そういう「異次元レベルでの災害」、例えば「砂漠が途中から氷の街へ」とか「雪国が突然灼熱地獄へ」系の災害が観られます。

「ジオストーム」感想:途中から凍ってる砂漠
途中から凍ってる砂漠

災害映画はたくさんあれど、この手のイベントは「ジオストーム」という仕組みが無いとできません。

 

だから「ダッチボーイ」というアイディアは、映像コンテンツとの相性は抜群だったと思います。

良い点:純粋に「ジェラルド・バトラー」好きには楽しめる

「ジオストーム」感想:ジェイク・ローソン(役:ジェラルド・バトラー)
ジェイク・ローソン(役:ジェラルド・バトラー)

「スリーハンドレッド(2006)」でバトラーの存在を知りましたが、彼が出演する作品で一番好きなのは「完全なる報復(2009)」です。

そして「完全なる報復」内でのバトラーは、凄腕のエンジニアという役柄でした。
そこで初めて知りましたが、バトラーとエンジニアの組み合わせが最高過ぎる。

もし唐突にバトラーの家を訪ねたら、ジャッキで浮かした車の下から、取ってを外した台車のようなものにあおむけで乗った状態のバトラーが油まみれで出迎えてくれそうな気すらしています。

本作ではそんな彼が超絶やり手のエンジニアとして作業着をまとっているのですから、視覚的に素晴らしくないはずがありません。

あらゆる災害シーンよりもバトラーの作業着姿に萌えました。

良い点:「ジム・スタージェス」好きも楽しめる

「ジオストーム」感想:マックス・ローソン(役:ジム・スタージェス)
マックス・ローソン(役:ジム・スタージェス)

日本での知名度はまだ高くない俳優さんですが、僕はたまたま鑑賞した「ウェイバック -脱出6500km-(2010)」が凄く好きなのと、「ラスベガスをぶっつぶせ(2008)」のスタージェスがかっこ良かったという理由で、ジム・スタージェスが好きです。

今wikiで調べたら、ジム・スタージェスはなんと40歳でした。(2018年時点)
仮に20代同士のラブロマンスものに登場しても全く違和感無い程に童顔です。

 

スタージェス扮する「マックス・ローソン」は、バトラー扮する「ジェイク・ローソン」の弟という設定です。

具体的な年齢差は名言されませんでしたが、バトラーの実年齢が48歳(2018年時点)だったので、8歳近くは離れてることになります。(兄弟という設定に見た目上の違和感は確かにあった)

バトラーがとにかく親父っぽいといのもありますが、それ以上にスタージェスの少年感が半端ない。

評価・まとめ

「ジオストーム」感想:敵の工作員に銃を向けられるジェイク
敵の工作員に銃を向けられるジェイク

60点

僕はどちらかと言えば、考察しがいのあるような、見終えた後にも深く心に突き刺さるタイプの作品が好きですが、こういう何も考えずに鑑賞できるスペクタクル作品も年イチくらいで観たくなります。

どうでもいいですが、終盤くらいでバトラーが裏切者の工作員と対峙するシーンがあります。
バトラーは敵に銃を向けられますが、既に「スリーハンドレッド」「GAMER(2009)」で屈強な戦士(兵士)を演じたバトラーを見てきた僕は、むしろ銃を向けてる敵側を心配してしまいました。

後、これ系の映画で登場する東京は何故か「あられ(ヒョウ?)」に襲われます。
そういう地理条件なのでしょうか。

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
ジオストーム
総合評価
31star1star1stargraygray
作品タイトル
ジオストーム
作品内容
地球の気候をコントロールすることを可能にした人工衛星が暴走し、世界中が異常気象や大災害に見舞われるなかで、未曾有の危機に立ち向かう人々の姿を描いたディザスターパニックアクション大作。
作品公開日
2018-01-19



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)