新着記事

カテゴリー

ドラマ版「ゼロ」に「ザ・アンカー」の登場が確定!嬉し過ぎる!

ドラマ版「ゼロ」に「ザ・アンカー」の登場が確定!嬉し過ぎる!

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

皆さん、ゼロ、見てますか。
僕は見てます。
原作が大好きなので、ドラマ版は微妙だなと思いつつも、食い入るように見てます。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

※当記事は
「ゼロ ザ・アンカー」
「城山小太郎 手越祐也」
「零 一攫千金ゲーム アンカー」
などのワードで検索される方におすすめです。

ドラマ版「ゼロ 一攫千金ゲーム」に「ザ・アンカー」が登場することが確定!

なんとなくネットを観ていたら、「城山小太郎(しろやま こたろう)役に手越祐也が抜擢」という記事を見つけました。
という事は、「ザ・アンカー」の実写化が確定したということ!

これは僕にとってかなり嬉しい事実!

「賭博覇王伝 零」は、それはもうめちゃくちゃ面白い作品で、電子書籍で何度も何度も読み返しました。

零は「鉄球サークル」や「ジャックルーム」、「迷宮のトライアングル」等いろんなゲームが登場するのですが、中でも「ザ・アンカー」はその必勝法のユニークさ、素晴らしさから、かなり人気の高いゲームです。

そんな超人気ゲームが実写化されたというのが、とにかく死ぬほど嬉しい!

城山小太郎(しろやま こたろう)の原作キャラとドラマ版の配役

ドラマ版では、NEWSの手越祐也さんが抜擢されました。

城山小太郎を演じる手越祐也
城山小太郎を演じる手越祐也

原作とはだいぶ雰囲気が違いますが、良い感じに狂ってそうです。

 

ちなみにこちらが原作での小太郎です。

原作「賭博覇王伝 零」に登場する城山小太郎
原作「賭博覇王伝 零」に登場する城山小太郎

ちなみに彼の本名は「小太郎・ヒルマウンテンウィリアムス・ハリソンジャガーサタケ・ジェームス城山」です。

ドリームキングダムのアトラクションの一つ、「ザ・アンカー」。その司会進行を務めるMCがこの彼、小太郎・ヒルマウンテンウィリアムス・ハリソンジャガーサタケ・ジェームス城山である。
しかし、免許証の氏名欄には「城山小太郎」と書かれているので、小太郎・ヒルマウンテンウィリアムス・ハリソンジャガーサタケ・ジェームス城山は正式な本名ではないのかもしれない。

引用:小太郎・ヒルマウンテンウィリアムス・ハリソンジャガーサタケ・ジェームス城山 – アニヲタWiki(仮) – アットウィキ

この長ったらしいミドルネームは彼が「アメリカ被れ」であることから来ており、それがゲームのヒントとなる事もありました。

ドラマ版ではどういうルール、設定になるかまだ不明ですが、分かり次第追記していきます!

あのセットを実写化できるのか?

プレイヤー達はベッドのような台座に縛り付けられ、頭上には巨大な振り子が大きく揺れています。
これはかなり危険なセットなので、個人的には「大事な大事なジャニーズ俳優に、そんな危険なセットを使うのか?」とちょっと不安です。

今「不安」という言葉を使いましたが、これは、「ちゃんと実写化されるのか不安」という意味と「そもそもこんな危険なゲームを実写化してくれるかどうか不安」という意味を込めています。

でもとりあえず、実写化が確定したので良かったです・・・。

ちゃんと原作通りのシナリオかどうか

 

今のところドラマ版は、原作とは結構設定が違う部分も多く、ストーリーも大きく変わっています。(個人的には”改悪”だと感じる)

だから正直、「ザ・アンカーで、原作の良さをちゃんと活かせるか?」というところに不安を感じていますが、あまり期待せずに見守っていきましょう。

とりあえずまた何かあれば追記します。

ドラマ版の「第6話 ザ・アンカー part1」の感想記事はこちらに書いてます。



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)