新着記事

カテゴリー

【85点】意外とヘタレヒーロー?「ドクター・ストレンジ」評価と感想

【85点】意外とヘタレヒーロー?「ドクター・ストレンジ」評価と感想

本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:「ぱっかん(@pakkan316)」見る映画の9割が洋画です!

MCU(マーベルシネマティックユニバース)作品の一つ「ドクター・ストレンジ」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※次項からネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

本作は「Amazonプライムビデオ(199円)」で鑑賞しました↓

※関連記事は最後にまとめて紹介します

※当記事は
「ドクター・ストレンジ 感想」
「ドクター・ストレンジ 映画」
「ドクター・ストレンジ 評価」
などのワードで検索される方におすすめです。

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2017年
原題Doctor Strange
上映時間115分
製作国アメリカ
監督スコット・デリクソン
脚本スコット・デリクソン、C・ロバート・カーギル、ジョン・スペイツ
ジャンル アクション、SF、ファンタジー
主要キャスト ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)
キウェテル・イジョフォー(モルド)
レイチェル・マクアダムス(クリスティーン・パーマー)
ベネディクト・ウォン(ウォン)
マイケル・スタールバーグ(ニコデマス・ウエスト)
配信サイト・媒体 市販DVD
Amazonプライム…他
※記事公開時の情報です

あらすじ

天才的な技術を誇るが傲慢な性格だけが欠点の神経外科医スティーブン・ストレンジは、不慮の事故で両手の機能を失い、築いてきたキャリアの全てが崩壊する。手の治療と失われた人生を取り戻すため、あらゆる手段を模索するストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力へとたどり着く。

引用:ドクター・ストレンジ : 作品情報 – 映画.com

「アベンジャーズ史上最強のヒーロー」とも言われている「Dr.ストレンジ」が成長するまでが描かれています。

【ネタバレ無し】感想

さすがMCU。ハズレなし。

まず本作は視覚効果が素晴らしいです。

「折れ曲がっていく街
折れ曲がっていく街

画面がグワングワン回ります。
インセプション(2010)の比じゃないです。

都会の街並みが折れ曲がるシーンについては、開発陣もインセプションに影響を受けたと語っているらしく、確かにちょっと似ていると感じました。

 

もちろん視覚効果が凄いのは街並みだけでないのですが、ネタバレ回避のためここでは画像を伏せます。(後ほどのネタバレ感想で掲載)

キャスト面では、主役の「Dr.スティーブン・ストレンジ」を演じた「ベネディクト・カンバーバッチ」の演技が素晴らしい

彼は、ドラマ版のシャーロック・ホームズ「シャーロック(2010~)」の主人公「シャーロック・ホームズ」を演じており、この時点で「周りを小馬鹿にするインテリ」役が出来上がっていました。

そして本作のストレンジも、間違いなく「周りを小馬鹿にするインテリ」なので、どうやらシャーロックで培ったノウハウをしっかりと活かしているようです。

ちなみに吹替も「ドラマ版シャーロック」と同じ「三上 哲(みかみ さとし)」さんです。
なので吹替の違和感は一切ありません。
※ヒロインのクリスティーンの声はちょっと怪しかった。

※次項からネタバレを含みます。
 
 
 
 

【ネタバレ有り】感想

良い点:ユーモアセンスが最高

MCU作品は、シリアスながらもユーモアシーンが随所に挟まれるのが特徴的ですね。
そして本作のユーモアレベルは、かなり高いと感じました。

人体のエネルギーの流れについて解説されてそうな「魔導書」のようなものを見せられるストレンジ。

そして「これを見たことがありますか?」と、後に師となる「エンシェント・ワン」から問われる。

「エンシェント・ワン「これを見たことがありますか?」
エンシェント・ワン「これを見たことがありますか?」
「Dr.ストレンジ「見たことある。ギフトショップで。」
Dr.ストレンジ「見たことある。ギフトショップで。」
 

ストレンジは大金を叩いて「カマー・タージ」までやってきたのに、早速見せられたのはカルト教団が好みそうな胡散臭い書物でした。

インテリなストレンジは、まさかここまで気合の入った非科学的集団だとは思っていなかった為、当然のように罵倒します。

もうね、この「超自然現象 × そういうのを信じないベネディクト」の構図だけでニヤけてしまいます。

「ギフトショップで見た」
この一言が一々面白いw

そしてそして、ストレンジは弟子としてカトマンズ修業場へ招かれた後、モルド(キウェテル・イジョフォー)から”ある紙”を渡されます。

「ストレンジ「これはマントラか?」
ストレンジ「これはマントラか?」
「モルド「WiFiのパスワードだ。馬鹿にするな。」
モルド「WiFiのパスワードだ。馬鹿にするな。」

こないだ「ブラックパンサー」を鑑賞しましたが、そちらも民族衣装を身にまとったワカンダ族が戦ってるのに、敵が銃で応戦してきたのを見て「銃?原始的ね」と言っていました。

そして本作で登場する爆笑ハイテクワードは「Wifiのパスワード」です。
この辺り「一見文明を捨ててそうなのに、ちゃんとハイテクを駆使してる」という設定がめちゃくちゃ面白いw

ガチのコメディ映画よりもウンと笑えますw

 

↓ちなみにこちらが本作のスタン・リーです。

「スタン・リー登場シーン
スタン・リー登場シーン

良い点:視覚効果は前評判通り凄まじい

「暗黒次元(ダーク・ディメンション)の力に飲まれる香港
暗黒次元(ダーク・ディメンション)の力に飲まれる香港
「宇宙?ミクロン?に飛ばされるストレンジ
宇宙?ミクロン?に飛ばされるストレンジ
「インセプションみたいに街が変形していく
インセプションみたいに街が変形していく

映画館で観たら3D酔いしてたかもしれません。
それくらいグワングワン回ってます。

ストレンジは他の修行僧よりも魔術の習得が早いという設定らしいですが、本作ではまだ満足に魔術を使い倒してるようには見えませんでした。

だから次回作では、本格的に魔術マスターとなった、「マスター・ストレンジ」が見れるかもしれませんね。

小ネタ:次回作への伏線もちゃんとある

MCUおなじみ「エンディング後のおまけ」にて、ちゃんと描かれていました。

「「ジョナサン・パングボーン」が何かを研磨している
「ジョナサン・パングボーン」が何かを研磨している

この火花は、明らかに作中で登場する「ワームホール」へのオマージュです。
ちなみに「ジョナサン・パングボーン」は、序盤で登場した「魔術で下半身不随を治した男」ですね。

彼の元へ現れたのは、ストレンジと共闘していた「モルド」
モルドは彼の体から魔術を抜き取り、こう言います。

「モルド「魔術師が増え過ぎた」
モルド「魔術師が増え過ぎた」
「ドクターストレンジは帰ってくる・・・
ドクターストレンジは帰ってくる・・・

というわけで、次回作では「モルド」がヴィラン(敵役)となりそうです。
原作ではモルドは最初からヴィランだったようですが、「意外性を出したい」という製作陣の意向で、本作ではストレンジと共闘していたようですね。

評価・まとめ

85点

ユーモアシーン多めの笑えるヒーロー作品でした。(アベンジャーズシリーズは全て笑えますが、本作は特にツボだった)
特にユーモアセンスは「シャーロック」と非常に似ているので、シャーロックに出てる時のベネディクト好きにはお勧め出来る作品だと思います。

「オマケシーンでは「マイティ・ソー」も登場!
オマケシーンでは「マイティ・ソー」も登場!

本作は「Amazonプライムビデオ(199円)」で鑑賞しました↓

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
ドクター・ストレンジ
総合評価
41star1star1star1stargray
作品タイトル
ドクター・ストレンジ
作品内容
「アベンジャーズ」シリーズをはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバースに連なる一作で、テレビドラマ「SHERLOCK シャーロック」などでおなじみのイギリスの人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが、魔術を操る異色のヒーロー、ドクター・ストレンジに扮したアクション。
作品公開日
2017-01-27



本日のおすすめ記事

【感想】「トロンレガシー」の魅力6個。バーチャル世界で20年ぶりに父と再会

20年間行方不明だった父から、謎のポケベル通知が...バーチャル世界「グリッド」での奮闘を描いた傑作「トロンレガシー」を鑑賞しました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
洋画めっちゃ好き

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

「ぱっかんブログ」という雑記ブログで、映画やら何やらと色々書いてましたが、映画記事数が増えたのでそれを「ぱっかんシネマ」として立ち上げました。
洋画ホラー、サスペンスが好み。あとスローモーションになった時に流れる「ドゥーン...」という効果音も好き。

こういう曲を作ったりしてます↓

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)